アルファ米は水さえあれば、災害時でも美味しいご飯が食べられます。しかし、現在はアルファ米を販売している業者や、ご飯の味のレパートリーが増えており、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いはずです。 そこで、本記事は災害時に役立つアルファ米の選び方と、おすすめの商品を紹介します。日常でも食べやすい商品ばかりなので、アウトドアなど災害時以外における使い方も見つけられるので、ぜひ参考にしてください。

非常食用アルファ米の選び方

非常食用アルファ米の選び方は、以下3つの基準が重要になります。

  • 目的別に選ぶ
  • 味の種類で選ぶ
  • 保存期間で選ぶ

アルファ米の調理は水を入れるだけなので、災害時だけでなく登山などでも利用しやすい食品です。避難や山を移動する際を想定して、荷物を最小限に抑えられる商品を選ぶ必要があります。

非常食用のアルファ米は味の種類が豊富なので、調理ができない環境でも好きな味を選べます。判断力の低下する緊急時において、気持ちに余裕を持たせることは大切なので、好きな味の非常食用のアルファ米を保管しておくといいでしょう。なによりアルファ米はカンパンなどとは異なり、長期保存だけでなく、栄養バランスの取れた食事が可能です。

アルファ米の中でも賞味期限5年以上の商品を選ぶと、災害が起きた際でも食料難が起こることへの不安が少なくなります。9月1日の防災の日などに賞味期限の確認を行い、緊急時に備えの食料がある安心感を持つことが必要です。

尾西食品 アルファ米12種類全部セット

尾西食品は、非常食や災害対策食料などを販売する企業です。アルファ米12種類全部セットは、保存食とは思えないほどの種類が用意されており、災害時でも好きな味の料理を楽しめます。

12種類のうちの7種(白飯・わかめごはん・田舎ごはん・赤飯・山菜おこわ・白がゆ・梅がゆ)は、食物アレルギー特定原材料等27品目(ドライカレーについては28品目)が不使用商品になっているため、アレルギー持ちの人が食べても問題ありません。商品内にスプーンも同梱しているので、箸などの食器が用意できない場合でも食事ができます。

尾西食品のアルファ米は、多くの場所で食されています。2007年には白飯・赤飯・山菜おこわ・おにぎり鮭などの4種類が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)により、日本国内における初の宇宙日本食として認証されました。

他には、アルピニスト野口健氏や南極越冬隊の遠征チームが厳しい自然環境の中、アルファ米で日本食を楽しめることに喜んでいらっしゃいます。環境の変化に耐える必要がある中、白いご飯や日本食が食べられることは至福の喜びとのことです。

アルファ米は水があれば1時間で調理が可能になり、お湯であれば15分で調理が終わります。尾西食品のアルファ米は12種類の中から好きな味を選べることができるのが嬉しい点です。

原材料白飯:うるち米(国産)
賞味期限5年
内容量‎1.44 kg
サイズ‎16.8 x 23.6 x 15.2 cm
保存方法常温保存

山貴屋 レスキューライス 五目ごはん

レスキューライスは、独自の乾燥技術を用いたアルファ米です。レスキューライスは他の企業が作るアルファ米と違い、保存期間が長いです。衛生管理が徹底された環境で調理されるので、最大7年までの長期保存が可能になります。お米は岡山県産のうるち米を使用し、保存料を使っていないため、おいしくて安全な非常用食を実現しました。

ちなみに、レスキューライスを販売する山木屋は、食料だけでなく防災セットを販売している会社です。災害時における便利な商品を多数そろえており、防災セットにはレスキューライスも同梱されています。

そんな災害時の商品を扱う企業だからこそ、業界トップレベルの長期保存ができるレスキューライスの開発を可能にしているわけです。レスキューライスは1度購入した後は当分の間入れ替える必要がなくなり、自宅に複数個保管してあるだけで安心できるでしょう。

アルファ米にはもち米が入っているため、ボリューム感たっぷりです。成人男性でも満足できるほど食べ応えがあります。五目ご飯のほかに、ピラフやドライカレーなどといった種類があるので、味の濃いレスキューライスも保管も可能です。

原材料うるち米(岡山産)、もち米(国産)、具(ごぼう・人参・椎茸・こんにゃく・鶏肉)、
食塩、粉末しょうゆ、砂糖/グルタミン酸ナトリウム、加工でん粉、水飴、
酸化防止剤(V.E) (一部に卵・乳成分・小麦・大豆・鶏肉を含みます)
賞味期限製造より7年
内容量100g(出来上がり量280g)
サイズ32×60×29 cm
保存方法常温保存

アイリスフーズ アルファ化米

アイリスフーズのアルファ化米は、15℃以下の低温製法で作られた非常用食のお米です。お米を急速乾燥させることで、デンプン構造をそのままに水分量のみを減らせるため、他の企業が作るアルファ米より賞味期限が長い特徴があります。アイリスフーズのアルファ米は5年6ヶ月の賞味期限があるので、保存期間の長さを重視する人にうってつけの商品です。

ちなみに、アイリスフーズは2011年3月11日に発生した、東日本大震災をきっかけに設立されました。被災地における農業支援の目的だけでなく、これから起きることが予想されている首都直下型地震や南海トラフ地震に備えて、レトルト食品や缶詰の製造などを行っています。もちろん、アルファ米も地震対策に必要不可欠な存在なので、アイリスフーズは災害時でも美味しい食事を食べてほしい想いで製造しています。

アイリスフーズのアルファ米は、水で戻すとお茶碗1.7杯分になるので、災害時でもお腹を満たせるでしょう。成人男性や食べ盛りの子どもたちでも満足できるはずです。アルファ米は15℃以下の低温製法によって、お米にデンプンを糖へと分解する酵素が多く含まれているので、量だけでなく味にも満足できます。他にも、アルファ米5種類のうち、きのこご飯やわかめご飯なども用意されているので、さっぱりとした味は女性や子どもでも食べやすいです。

原材料白米:うるち米(国産)   
賞味期限5年6ヶ月
内容量100g/260g(出来上がり量g)
サイズ‎8.1 x 16 x 15 cm
保存方法常温保存

サタケ マジックライス 保存食

株式会社サタケのマジックライス保存食は、パエリア風ご飯・えびピラフを除きほとんどがアレルギー特定原材料等28品目不使用のアルファ化米なので、アレルギーを持っている人でも食べられるように作られています。

マジックライスはご飯としてだけでなく、注水量を変えることによって雑炊として食べることができるので、災害時に食欲がわかない時など2通りの食べ方を選ぶことができます。日頃からお好みの食べ方を確認しておくとよいでしょう。マジックライスはドライカレーやパエリア風ご飯など、味付けの濃いタイプのアルファ化米が選べるので、ガッツリと食べたい人にもおすすめです。たとえば、登山の時など、カロリーやエネルギーを消費しやすい状況において、アルファ化米で栄養を補給できる点は大きなメリットといえます。

株式会社サタケは一つずつ梱包されているタイプのマジックライスだけでなく、一度に50食分用意できる炊き出し用の商品もあります。たとえば、企業や自治体に保管しておけば、大人数の食事にも対応が可能です。炊き出し用のマジックライスの作り方は通常の商品と変わらず、水をそそぐだけで50人分のアルファ化米が用意できます。

原材料名うるち米(国産) 等
保存期間5年
内容量100g(出来上がり量 ごはん240~260g /増水:390g )
サイズ(1袋)<縦>155×<横>160×<マチ幅>80(mm)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて、常温で保存してください。

アルファー食品 安心米

アルファー食品の安心米は、特定原材料等(アレルギー物質)28品目不使用の食物アレルギーに配慮した長期保存食です。

炊いたり蒸したりしたお米を熱風で急速乾燥させたアルファ化米を使用しているため、熱湯や水を注ぐだけで簡単にふっくらとしたご飯ができあがります。
スプーンが添付されていて、底にマチがあるので、熱湯や水を注いだあとにそのまま食べることができます。保存期間も5年と長く軽量コンパクトなので備蓄に最適な商品です。

多くの方に安心して食べていただけるよう、すべての商品において国産米を100%使用し、特定原材料等(アレルギー物質)28品目に配慮しています。またイスラム教徒(ムスリム)の方たちの食事にも対応している「ハラール認証」も取得した商品、そしゃく機能に配慮したUDF(ユニバーサルデザインフード)商品も一部取り揃えています。

安心米は非常時だけでなく、アウトドアや外出ができない時、旅行の際など、日常生活の様々なシーンにおいても活用が可能です。定番の白飯や五目ご飯から、ドライカレーや山菜おこわまで、バラエティに富んだラインナップが揃っています。日頃からローリングストックしながら食べる機会を設け、好みを判断しておくといざという時の安心に繋がります。

また、新商品の、お湯や水、調理も不要な「サクッとライス」シリーズは、野菜を使ったスープとサクサク食感の香ばしい玄米を一緒にお楽しみいただける、新しいタイプのごはん(食事)セットでおすすめです!ミネストローネと野菜カレースープの2つの味がラインアップされています。

原材料国産うるち米(国産)
賞味期限製造月から5年6カ月
内容量100g(出来上がり量270g)
サイズ16×15×8.4 cm
保存方法直射日光、高温多湿を避けて常温で保存
※安心米白飯の場合

ヤギショー 米々軒 白いご飯大盛り

米々軒(まいまいけん)の白いご飯大盛りは、株式会社ヤギショーが取り扱うアルファ米です。水を入れると1時間でご飯3杯分のアルファ米ができあがるので、人数が多いご家族や男性が多い企業など、災害の緊急時でもご飯をたっぷりと食べられます。また、キャンプ場でも火を使わずにご飯が作れるので、大人数の食事を用意する際にもピッタリな商品です。

株式会社ヤギショーは創業明治28年の玄米茶を製造する企業ですが、2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに、東北の食料不足を解消するためにアルファ米の製造を始めました。救援物資だけでなく、穀物の専門企業として人助けをする想いで、米々軒の白いご飯も生まれたのです。

他にも、同社は水を用意せずに作る「鶏ごぼうご飯」や「ビーフカレー」を製造しています。災害時に水が用意できない可能性を考慮すると、付属のスープを使うだけで調理できる点は大きなメリットです。たとえば、飲料水がつきて、水道が止まってしまった場合などに活躍するでしょう。電気やガスが止まってしまった場合でも、自宅に保管してあるだけで安心できるはずです。

実際に、米々軒の白いご飯大盛りを食べてみたところ、炊飯器で炊いたご飯と変わらない美味しさでした。口コミサイトでもお米の味の評価が高いので、他のアルファ米に比べて美味しいところが魅力の商品です。

原材料うるち米(国産)
賞味期限5年
内容量200g(約550g)
サイズ35×32×16cm
保存方法常温保存

まとめ

アルファ米は災害時において、水さえあればご飯が食べられる優れものです。ご飯の味のレパートリーが多いので、新しい味のアルファ米を食べることが楽しみになるでしょう。たとえ、災害が起こっている時に気持ちに余裕がない中でも、アルファ米は緊急時の食料としてだけでなく、安心感にもつながるので、心の支えとして備蓄用に購入してみてはいかがでしょうか。