防災のプロが教える非常食を選ぶ6つのポイント

大地震や水害の影響で停電や断水が生じた場合、普段と同じような食事を取ることは難しくなります。また自宅での生活が難しくなっている場合は、一時的に避難所へ移動することもあるでしょう。このような状況に備える準備として非常食の用意が必要ですが、非常食を選ぶ際には次の様なポイントを意識してください。

  • 自分や家族の好みの味であること
  • アレルギーや個人の事情に配慮すること
  • 調理が簡単であること
  • ゴミの量が少ないこと
  • 賞味期限がある程度長いこと
  • 日常備蓄(ローリングストック)も併用する

では、具体的なポイントについて解説いたします。

高荷智也│備え・防災アドバイザー
この記事を執筆した専門▼
高荷智也(ソナエルワークス代表|備え・防災アドバイザー)
「備え・防災は日本のライフスタイル」をテーマに、「自分と家族が死なないための防災対策」のポイントを理論で解説するフリーの専門家。大地震や感染症など自然災害への備えから、銃火器を使わないゾンビ対策まで、堅い防災を分かりやすく伝える活動に定評があり、講演・執筆・メディア出演の実績も多い。著書に『最善最強の防災ガイドブック』『ゾンビから身を守る方法』など。防災YouTuberとしても多くの動画を配信中。
公式サイト「備える.jp

自分や家族の好みの味であること

非常食 人気

非常食選びで最も重要なことは、美味しいものを選ぶことです。非常時に味など気にしている余裕はない、と思われるかもしれませんが、これは何も準備しておらず選択肢がない場合の考え方、あるいは極限状態におけるサバイバル環境化における考え方となります。

事前に備蓄をするのであれば、選択肢を用意することができますので、わざわざ「マズイ」食べ物を準備することはありません。在宅避難でライフラインの復旧を待つ場合、避難所で数日程度を過ごす場合などは、食べたくなる非常食を準備することが重要なのです。

美味しさは数値で表すことができないため、自分や家族が好きな味であるかどうかがポイントになります。大地震や水害が発生した際、心身には大きなストレスがかかります。

普段食べ慣れていない食べ物、好みではない食事は、なかなか体が受け付けません。非常時だからこそ、食べたくなる美味しい非常食を準備することで、食事を取りやすくすることが大切なのです。

アレルギーや個人の事情に配慮すること

食物アレルギーを持っている家族がいる場合は、非常食においてもアレルギー対策が不可欠になります。特に自宅がハザードマップなどで危険の示されている場所に立地し、避難が必要となる可能性が高いという場合は、避難所生活を送ることになります。避難所ではアレルギー配慮が行き届きませんので、食べられるものを自分たちで持ち込まなくてはなりません。

最近は、特定原材料を示した非常食、特定原材料を使用していない非常良くなども増えていますので、こうしたものを事前に備蓄してください。

また家族に、乳幼児がいる場合、要介護者がいる場合、またペットがいる場合などは、食べられる食事に制限が生じます。乳幼児用のベビーフード、介護食や補助食品、ペットフードなども準備をしておきたいですが、防災専用に用意するのではお金も管理の手間もかかるため長続きしません。

こうした家族が日頃から食べている食事の中で、賞味期限が長いものを少し多めに準備し、これを入れ替えながら備蓄するのがおすすめです。

調理が簡単であること

調理

非常食が必要になるのは、停電や断水が発生している状況です。

電気・ガス・水道が普段通りに使えているのであれば、非常食ではなく普段通りの食事を取ればよいためです。そのため、非常食は電気・ガス・水道が使えない状況であっても食べられる物を備蓄することが重要になります。

パッケージを開ければそのまま食べられる物、お湯または水を注ぐだけで食べられるものなどがメインとなります。食品自体への加熱が必要な非常食を準備する場合は、カセットコンロとガス、電子レンジを動かせるポータブル電源、水だけで使える食品加熱剤などの、各種加熱用品を合わせて備蓄してください。

ゴミの量が少ないこと

停電や断水が生じている状況では、ゴミ回収なども停止している可能性があります。そのため、生ゴミや廃棄物がたくさん出る非常食は避けるか、またはゴミ処理方法とセットで準備をすることが重要です。

インスタント食品、レトルト食品、フリーズドライ食品、缶詰など、調理済みの非常食であれば、基本的に生ゴミの量は最小限となります。ただしレトルト食品や缶詰など液体が多い食べ物を準備する場合は、「残り汁」や「タレ」の処理が問題となりますので、避難所に持っていく食事ではなく、在宅避難で食べる食事にするのがおすすめです。

非常用トイレがあれば液体を固めて保管できますので、こうしたものを使って処理しましょう。

賞味期限がある程度長いこと

賞味期限

非常食にはある程度の賞味期限が必要です。といっても、最初から非常食として販売されている食品のほとんどは、3年・5年・7年といった長い賞味期限が設定されていますので、これは「普通の食品」を備蓄品として活用する場合に注意するポイントです。

普段から食べているものを、少し多めに購入して、無くなる前に補充する「日常備蓄(ローリングストック)」を行う際には、賞味期限を切らさないように、半年から1年以上の賞味期限があるものを選ぶと管理が行いやすくなります。購入時に気をつけるポイントとして、少しだけ意識をしてください。

日常備蓄(ローリングストック)も併用する

ここまで何度か登場している「日常備蓄(ローリングストック)」という言葉ですが、これは非常食だけでなく、各種の日用品・消耗品を備蓄する場合にも有効な考え方です。

非常持出袋などの防災リュックへ入れるものは、防災専用品やアウトドア用品を中心にそろえるのが良いですが、在宅避難を行う場合や、念のために避難所へ移動する場合などは、多くの食べ物・日用品を持ち込む必要があります。

これを全て「非常食」でまかなうと、コストも管理の手間も大きくなってしまうため、「どうせ食べる物・使うもの」を少し多めに買い、無くなる前に補充をする日常備蓄で準備することをおすすめします。

防災のプロがおすすめする非常食25選

それではここから、具体的な非常食について紹介をします。非常食にも色々な種類がありますので、今回は次の用途における非常食をセレクトいたします。

  • ジャンルは「主食類」がメイン
  • シチュエーションは「在宅避難」時をメインとし、「避難所生活」をサブでご紹介

では、商品単位で詳しく紹介して参ります。

【ごはん類】おすすめ非常食5選

まずは「ごはん」がメインとなっている非常食です。日本人の多くが主食とするご飯ものは、非常時であっても抵抗なく受け入れることができる他、他の食材と組み合わせてアレンジしたり、水やお湯を多めにして柔らかくしたりと、多彩に活用できる点がポイントです。

サバイバルフーズ バラエティセット(フル)大缶60食

サバイバルフーズの特徴

  • 25年と長い賞味期限
  • お湯または水で戻して食べられる簡単調理
  • 超長期保存だが味も良く非常時にも美味しく食べられる

サバイバルフーズは、防災備蓄において「究極の非常食」とも言われる、他に類のない備蓄品です。最大の特徴は賞味期限が25年と群を抜いて長いことですが、もちろん調理が簡単で味もよい、という基本も満たしております。また当初は米国製のものを輸入して国内販売されていたためしばしば品薄になる状況もありましたが、現在は国内製造に切り替わり、安定的に購入できるようになったこともメリットです。

サバイバルフーズはとにかく賞味期限が長いため、賞味期限管理という概念がほとんど不要になります。家庭で購入した場合は、倉庫や押し入れにしまっておき、万が一の状況で食べる最後の非常食(しかし美味しいため、極限を強いられる訳ではなく、むしろご褒美になる)として備蓄することができます。価格が高いため、ある程度の量を備蓄したい場合は、一度に大量購入するのではなく少しずつ増やすようにしましょう。

購入先:サバイバルフーズ バラエティセット(フル)大缶60食

レスキューフーズ 一食ボックス 詰め合わせ

レスキューフーズの特徴

  • 5種類のおかず(カレー・牛丼・シチュー&ライス・中華丼・和風ハンバーグ)から選べる
  • 加熱剤入りでどこでも温かいご飯が食べられる
  • ご飯・おかず・おしぼり・食器がセットで他の準備物不要

ホリカフーズのレスキューフーズ一食ボックスは、温かいご飯を食べるために必要なものが全てセットになっている非常食で、このセットの箱さえあれば、加熱の手段を含めて他にはなにもいらないという便利な非常食です。

火も電気も使わず、水を入れるだけで食品を加熱できる加熱剤がセットになっているため、温かい食事をいつでも取ることができます。ただ、温かいご飯は「いい匂い」が周囲に広まりますので、避難所などで食べるのには向きません。

在宅避難や車中泊など、周囲の目線が気にならない状況における、すこし良いご飯として準備をするのがおすすめです。

購入先:レスキューフーズ 一食ボックス 詰め合わせ

尾西 アルファ米12種類全部セット

尾西アルファ米の特徴

  • 豊富なラインナップで好きな味を選べる
  • お湯または水だけで食べられる簡単仕様
  • お椀になる本体にスプーンが入っており食器いらず

尾西食品のアルファ米シリーズは、歴史のある定番非常食で、安心して備蓄し食べることができる食品です。いわゆる白いご飯だけでなく、わかめごはん、お赤飯といったアレンジ品や、各種の炊き込みご飯、ピラフやドライカレーなど、様々な種類の「ご飯」ラインナップがあるため、家族の好きな味を選んで備蓄することができます。

特定原材料不使用の、アレルギー対応品もありますので、アレルギー対応食が必要な場合もセレクトができることもメリットです。

購入先:尾西 アルファ米12種類全部セット

尾西 携帯おにぎり

尾西 携帯おにぎりの特徴

  • おにぎりの形になるアルファ化米
  • お湯または水を入れるだけで三角のご飯が食べられる
  • おにぎり型なので冷たくても抵抗感が少ない

こちらも尾西食品のアルファ化米ですが、おにぎりの三角型をしたパッケージに入っており、お湯または水を注ぐことで、「おにぎり」を作ることができる非常食です。日本人にとって大変なじみ深い食べ物であるおにぎりは、非常時においても抵抗感なく食べることができます。

またお湯が入手できず水でご飯を戻した場合、冷たいご飯は好みではないと言う方も多いと思いますが、おにぎりの形をしていると冷たいご飯も美味しく感じられるなどのメリットがあります。中身は尾西のアルファ化米ですので、味も良く、ラインナップも全4種と豊富で、好きな味のおにぎりを選ぶことができます。

購入先: 尾西 携帯おにぎり

ごはんなしで!!そのまんまOKカレー(甘口・中辛)

ごはんなしで!!そのまんまOKカレーの特徴

  • ご飯とカレーのルーが最初からセットになったレトルト食品
  • 別々に準備する必要がないため、すぐ食べられる
  • 温めなくてもドライカレー風で美味しい

三徳屋の「そのまんまOKカレー」は、お湯も水も不要なレトルト食品ですが、ご飯とカレーが最初から混ぜられているため、手軽に食べることができる非常食です。

ご飯は、厳密には「お米」ではなく「お米の形をしたデンプン加工品」になっているため、ルーと混ぜてあっても長期間食感を保つことができるようになっています。アレルギー特定原材料7品目不使用で、アレルギーのある家族がいる場合にも選択できます。

また温めずに食べてもドライカレー風味で美味しく、温めて食べれば口当たりのよいカレーとして食べられるなど、加熱手段がない場合でもそのまま食べることができます。

購入先:ごはんなしで!!そのまんまOKカレー(甘口・中辛)

【麺類】おすすめ非常食5選

続いて普段の食生活で食べることが多いと思われる「麺類」です。近年では麺やパスタを用いた非常食もラインナップが増えておりますが、非常時だけでなくアウトドアやキャンプで、また平時から食べても十分楽しめるクオリティのものが多く、色々なバリエーションを楽しむことができます。汁気が多く、避難所などには向かない商品もありますが、逆に在宅避難時には水分補給を兼ねられるためおすすめです。

日清 カップヌードル保存缶 69g×2食入

日清 カップヌードル保存缶の特徴

  • 誰もが知っている定番インスタントラーメンの3年保存版
  • 味のイメージがしやすいため、非常時にも抵抗なく食べられる
  • 食器などが全て入っているため、お湯さえ準備すればよい

日清のカップヌードル保存缶は、「あのカップヌードル」の容器を缶にすることで、長期保存できるようにした食品です。誰もが知っている食べ物は、非常時にも抵抗なく受け入れることができるため、非常食としては大変有効です。この保存缶には2食分のめん・スープ・かやく・食器が入っていますので、お湯さえ準備すればそのまま食べることができます。

半面、中身は「あのカップヌードル」そのままで、多少濃いめの味、塩分もやや多めとなりますので、この辺りがネックになる場合は、後述するもうすこし「優しい」麺類を備蓄に加えるのがよいでしょう。

購入先:日清 カップヌードル保存缶

杉田エース イザメシうどん6缶セット

杉田エース イザメシうどんの特徴

  • おいしい非常食に定評のある、杉田エースのIZAMESHIシリーズの非常食
  • 3年保存が可能な「うどん」、大変食感がよく満足感の得られる食事
  • パッケージがそのまま食器になり、お湯を注いでも熱くなりづらい構造になっている

杉田エースのIZAMESHI(イザメシ)シリーズは、美味しい非常食の市場を切り開いてきた製品で、豊富なラインナップがありますが「味」に定評があります。これは3年保存うどんですが、油揚げとわかめ入りのきつねうどん、食べ応えのある鶏南蛮カレーうどん、ゆず風味で爽やかなお餅入りのちからうどんの3種類がラインナップされています。お湯を入れて10分とインスタント麺よりも待ちますが、その分食感が大変よく、いわゆるカップうどんよりも本物に近い食味が味わえます。

保存缶の内側にコーティングがされており、熱湯を注いでも外に熱が伝わりづらい構造になっているため、そのまま缶をどんぶりにして食べることができます。

購入先:杉田エース イザメシうどん6缶セット

マルキ 防災食 揖保乃糸

マルキ 防災食 揖保乃糸の特徴

  • 5年保存可能なフリーズドライ「にゅうめん」
  • ゆでたそうめんそのままの食感と、優しい味わいで子どもから高齢者まで安心
  • 組み立て式の食器、お箸入りなのでお湯さえ準備すればそのまま食べられる

揖保乃糸を製造販売しているマルキの長期保存にゅうめんです。一度ゆでたそうめんをフリーズドライ加工しているため、改めてゆでるのではなく、お湯で戻せば3分で食べられます。水で戻しても冷たいそうめんとして食べることができますので、お湯の入手が難しい場合でも問題ありません。食感がよく、ゆでたてのそうめんとほとんど変わらない食味を楽しめます。スープも優しい味わいで、「ガツン」とした非常食を苦手とする高齢者や介護が必要な方でも、美味しく食べられる食事です。

組み立て式の器と割り箸が入っていますので、お湯か水を準備できればそのまま食べられる点も、非常時用の備蓄食として向いています。また「具」はなく素麺とスープのみですので、他の食材と組み合わせて食べてもよいでしょう。

購入先:マルキ 防災食 揖保乃糸

サタケ マジックパスタ6袋セット

サタケ マジックパスタの特徴

  • アウトドアや登山などでもおなじみの、5年保存非常食、マジックパスタシリーズ
  • フリーズドライ加工されたパスタで、お湯を入れて3分ですぐに食べられる
  • 缶ではなくアルミパウチ入りなので軽く、砕けても食べられるためリュックにも入れやすい

アウトドアショップなどでも販売される、フリーズドライパスタです。ベーコンとコショウが効いたカルボナーラ、ピリ辛かつガーリック風味で食べ応えのあるペペロンチーノ、デミグラス風味のキノコパスタの3種類がラインナップされています。中身がマカロニ(ショートパスタ)であるため、衝撃を受けて多少折れたり砕けたりしても、それほど食事の完成度には影響を与えない他、大変軽く作られているため、非常持出袋(防災リュック)に入れて手荒に扱っても問題が無いと言う点も、非常食に向いています。

またスープがなく、ソースをまぶしたパスタですので、「飲み残し」が発生しないことも、避難所などで食べる食事としては向いています。「麺類」というよりは、ご飯類の延長として考えるとよい食事です。

購入先:サタケ マジックパスタ

アマノフーズ フリーズドライ にゅうめん 4種12食 詰め合わせ

アマノフーズ フリーズドライ にゅうめんの特徴

  • 賞味期限1年のフリーズドライにゅうめん
  • 野菜や具材入りで、彩りよく、食欲をそそり、栄養価も高い1食
  • 非常食専用ではなく、普段の食卓に追加できる一品として準備するのがおすすめ

様々なフリーズドライ食品を製造販売している、アマノフーズのフリーズドライにゅうめんです。マルキの揖保乃糸・防災食は麺のみの構成でしたが、こちらは具材入りのセットになっています。とろみしょうゆ味、すましゆず味、まろやか鶏だし味、五種の野菜・あっさり味噌味の4種類がラインナップされています。

賞味期限が1年と、備蓄食と言うよりは、少し賞味期限の長い普段の食事のカテゴリになります。また器や食器は含まれず、食品のみとなりますので、非常用持出袋に入れる非常食ではなく、日常備蓄(ローリングストック)する備蓄食として準備するとよいでしょう。

購入先:アマノフーズ フリーズドライ にゅうめん 4種12食 詰め合わせ

【パン・クラッカー類】おすすめ非常食5選

近年ではパンの非常食も進化しています。一昔前、平成の初期までは「カンパン」などが非常食の定番として活用されていましたが、同じカンパンでも美味しくなったり、超長期保存ができるようになったり、またカンパンではなく「普通のパン」が備蓄できるようになったりと進化しています。ご飯や麺類とことなり、常温でも食べやすく、また香りの拡散も小さいため、在宅避難だけでなく人の多い避難所でもおすすめの非常食です。

ボローニャ 缶deボローニャ 6缶セット

ボローニャ 缶deボローニャの特徴

  • 賞味期限3年6ヶ月の「パン」の缶詰
  • パンなので加熱不要、水やお湯も不要、食器も不要で、そのまま食べられる
  • 「よい香り」が周囲に拡散しづらく、また食べている「音も」小さいため、避難所など人が多い場所でも食べやすい

2007年より長らくパンの缶詰を販売している、ボローニャのパンの缶詰。デニッシュパンであるため口当たりがよく、幼児や高齢者にも食べやすい他、軽く温めることができればさらに美味しくなります。3年半の保存が可能な「缶deボローニャ」と、5年半の保存が可能な「備蓄deボローニャ」の2ラインナップがあり、用途と好みに合わせた備蓄が可能です。

軽く、その一方「缶」入りであるため丈夫なため、非常持出袋などに入れる用途にも向いています。途中雑に扱っても中身が崩れたり、ビスケットやクラッカーなどとことなり砕けたりすることがないのが利点です。手づかみで食べることになるため、除菌ウェットティッシュなどがあるとよいでしょう。

購入先:ボローニャ 缶deボローニャ 6缶セット

パン・アキモト PANCAN  6缶セット

パン・アキモト PANCANの特徴

  • 賞味期限3年の「パン」の缶詰
  • ボローニャと同じ美味しいパン、そのまま食べられるため在宅避難・避難所移動どちらでも使える
  • 「オレンジ」「ストリベリー」「ブルーベリー」と香りがよく、フルーツ好きな方やパンはジャム派な方におすすめ

1995年の阪神・淡路大震災をきっかけにパンの缶詰製造を始めたパン・アキモト社、ジャムを練り込んでいるパンは香りがよく、フルーツ味が好みであればとても美味しく頂けます。

特徴としては前述のボローニャパンと同じで、災害直後に自宅で食べる食事として、あるいは避難所へ移動した際に食べる最初の食事として、活用することができます。

購入先:パン・アキモト PANCAN

尾西食品 ひだまりパン 70g ×6個

尾西食品 ひだまりパンの特徴

  • 賞味期限5年の個包装「パン」
  • 缶入りではなくアルミパウチ包装であるため、かさばらずゴミも少ない
  • 味は「プレーン」「メープル」「チョコ」の3種、プレーン味は他のおかずと組み合わせて食べてもよいです

アルファ化米などの商品ラインナップが豊富な、尾西食品が手がけている「パン」です。缶詰ではなくアルミパウチ包装であるため軽く、避難用の食事にもよいですし、5年保存かつかさばらないため、企業や自治体が行う備蓄にも向いています。長期保存食品ですが、味や食感は「普通のパン」と比べて遜色なく、非常時にがっかりしたり食欲を失うこともないなど、よくできています。

購入先:尾西食品 ひだまりパン 70g ×6個

サバイバルフーズ クラッカー(小缶)

サバイバルフーズ クラッカーの特徴

  • 25年保存が可能な、超・長期保存クラッカー
  • 食感はビスケットに近く、甘さ控えめで単体で食べてもよいが、おかずと組み合わせて食べるのがよい
  • 長期備蓄期間を生かして、管理不要の食料備蓄を実施する際におすすめ

25年保存が可能なサバイバルフーズのシリーズのひとつ、クラッカーです。単体で食べても美味しいクラッカーですが、サバイバルフーズのシチュー(野菜・チキン)と一緒に食べる「主食」として扱うと、とても美味しく食べることができます。

長期保存可能な缶に入っていますが、クラッカーやビスケット類は全般的に衝撃に弱いため、リュックに入れて避難所へ持ち込むというよりは、在宅避難に向けた備蓄食料にむいています。

購入先:サバイバルフーズ クラッカー(小缶)

三立製菓 カンパン(100g)

三立製菓 カンパンの特徴

  • 5年保存可能な、昔懐かしいあのカンパン
  • 一口サイズで食べやすく、歯ごたえがあるため満足感が得やすい食品
  • カンパンと一緒に入っている氷砂糖が嬉しく、唾液が分泌されるため食べやすくなります

パンの缶詰が登場するまで、非常食と言えばこれ、と言う存在であったカンパン。無くなった訳ではなく現在も現役で、これだけしかないのは厳しいが、カンパン「も」あると嬉しい、という存在になっています。

5年保存の缶入りタイプの他、袋に入った平時のおやつとして食べられるものもあるため、日頃からカンパンになれておくというのもおすすめです。氷砂糖と一緒に単品で食べても美味しいですし、汁物と一緒に食べるとより満腹になります。

購入先:三立製菓 カンパン(100g)

【補助食品】おすすめ非常食5選

続いて、主食類と合わせて準備をしたい補助食品です。主食系の非常食はどうしても炭水化物中心になるため、特にビタミンやミネラルを他の食品で補う必要があります。1日2日であればさほど大きな問題にはなりませんが、被災生活が1週間1ヶ月と続く場合は、こうした栄養素を補うことが健康維持のために不可欠となります。副食類やサプリなどを、ぜひ非常食の一端として用意して下さい。

サバイバルフーズ サプリメント

サバイバルフーズ サプリメントの特徴

  • 5年保存が可能な長期備蓄サプリメント
  • 「ビタミン&見寝られる」および「ビタミンC」2種のラインナップ
  • 非常時に不足しがちな栄養素を補うことで、健康維持につながる

非常食は主食類が中心になりがちで、どうしても炭水化物(糖質)に偏った栄養接種になります。タンパク質や脂質はおかず類の缶詰やレトルト食品で追加可能ですが、ビタミンやミネラルは生鮮食品の摂取が難しくなる非常時には不足しがちです。一方、こうした栄養素を補うためのサプリメントは、基本的に日々消費していくものですので、長期保存可能なものがありませんでした。

このサバイバルフーズ・サプリメントは、25年保存とは行きませんが、5年保存と従来のサプリにはなかった長期保存が可能であることが特徴です。日頃から毎日サプリメントを飲んでいる場合は、それを非常時にも飲めばよいのですが、非常食のラインナップに追加したい、という場合にはこうした長期保存サプリがおすすめです。

購入先:サバイバルフーズ サプリメント マルチビタミン&ミネラル [5年保存]

購入先:サバイバルフーズ サプリメント ビタミンC [5年保存]

ベジタル ライフスープ

ベジタル ライフスープの特徴

  • 5年保存が可能な長期保存「粉スープ」
  • ビタミン・ミネラルを強化した栄養機能食品で、サプリ代わりに使うことも可能
  • お湯または水で戻して飲めるため、非常時の水分補給にも向いています

お湯で戻しても水で戻しても違和感なく食べられる、コンソメ味の優しい粉スープです。そのままスープとして食事に追加してもよいですし、パンの缶詰やクラッカーといっしょに食べても満腹感が得られますし、またコンソメ調味料として使ったり、アルファ米に入れてリゾット風にして食べたり、アレンジしやすく大変便利に使えます。

さらに、ビタミンとミネラル分を強化した栄養機能食品になっているため、ただ満腹感をえるだけでなく、非常時の栄養バランスを補う目的でも有効です。前述のサバイバルフーズ・サプリメントと同じ5年保存ができるため、併用してもよし、目的に応じて使い分けてもよし、な便利な備蓄食です。

購入先:ベジタル ライフスープ

大塚製薬 カロリーメイト ロングライフ

大塚製薬 カロリーメイト ロングライフ

  • 3年保存が可能な備蓄用の「カロリーメイト」
  • 通常版との違いはほぼなく、賞味期限のみ3年に延長されている
  • そのまま食べられる手軽さ、ビタミン・ミネラルが強化されているため補助食品として優秀です

非常食というよりは避難時の携行食に近いカロリーメイトですが、ロングライフ版は賞味期限が3年に延長されている商品です。味や食感は通常タイプと同じですので、「普通のカロリーメイト」を食べたことのある方であれば、違和感なく食べることができます。

常温でそのまま食べられる、お湯や水が不要、食器もいらない、香りも周囲に広がらない、と「あのカロリーメイト」の特徴そのままですので、災害直後に食べる食事として、あるいは非常用持出袋へ入れて避難所へ持ち込む食事として、各主用途に使えます。

購入先:大塚製薬 カロリーメイト ロングライフ

江崎グリコ ビスコ保存缶

江崎グリコ ビスコ保存缶の特徴

  • 賞味期限5年6ヶ月、あの「ビスコ」と同じ中身の長期保存タイプ
  • 食べたことがあれば想像できる味で、非常時にも違和感なく食べられる
  • クリームサンドであるため口当たりもよく、一口サイズなので子どもから高齢者まで食べやすい

誰もが知っているお菓子、ビスコの長期保存タイプです。容器を缶にすることで長期保存を可能にしており、中身そのものは通常のビスコと同じものになります。缶の中に、ビスコ5枚入りの小袋が6袋入っているため、複数人で訳あったり、数日に分けて食べたりと、シェアしやすいのもメリットです。非常時に向けた甘味として、何かしらのお菓子を準備したい場合に向いています。

なお企業や保育園、自治体向けには、かさばる缶ではなく、アルミパウチに個包装されて箱詰めされた、賞味期限5年の長期保存・箱詰めビスコなどもあります。

購入先:江崎グリコ ビスコ保存缶

井村屋 えいようかん

井村屋 えいようかん

  • 賞味期限5年6ヶ月の「ようかん」
  • 特定原材料等27品目不使用で、アレルギーのある方でも食べやすい
  • 熱や衝撃にも強いため、非常用持出袋へ入れたり日頃からの持ち歩きにも向いています

ようかんなどの和菓子や、硬いことで有名なアイスの「あずきバー」などで有名な井村屋が製造販売する、長期保存ができるようかんです。通常の「あずき味」と「チョコ味」の2種類があり、いずれも大変食感や味がよく、非常時に向けた甘味として活用できます。在宅避難向けの長期備蓄甘味として準備してもよいですし、チョコレードなどとことなり暑くても溶けず、またカロリーメイトなどとことなり衝撃を加えても砕けないため、通勤・通学カバンなどに入れておく携行食としても向いています。

購入先: 井村屋 えいようかん

【飲料】おすすめ非常食5選

最後に飲料水・飲料物の紹介をします。飲料水を備蓄するためのペットボトル水には色々な商品があり、基本的に中身はすべて「普通のミネラルウォーター」です。味の好みなどはあると思いますので、気に入ったものを選択して日常備蓄するのがおすすめです。ここでは、特徴的なミネラルウォーターや、水以外に準備をしたい飲料物のご紹介をいたします。

15年保存水 カムイワッカ麗水

15年保存水 カムイワッカ麗水の特徴

  • 一般ルートで購入できるペットボトル水の中では最長の「15年」保存水
  • 中身は「普通のミネラルウォーター」であるため飲みやすく、非常時にも使いやすい
  • 初期コストは高めだが、長期間入れ替え不要なためトータルのコスパに優れた保存水

国内最長級の15年保存が可能なペットボトル水、記事執筆時点では15年保存できるペットボトル水は他になく、唯一のものになります。添加物などが入っているわけではなく、ペットボトルやフタに工夫を凝らすことで長期保存を実現しているので、安心して飲むことができます。これほどの保存期間になると、水の入れ替え回数が人生で数回になるため、入れ替え作業の手間が省けることもメリットです。

ペットボトル水を普段から飲んでいる場合は、普段飲んでいるものを少し多めに買い、無くなる前に補充する「日常備蓄」による保存水の準備がおすすめです。高い備蓄水を買わなくてよいためお手軽です。同じ原理である、家庭用のウォーターサーバーの導入も手軽で良い方法になります。一方、わざわざ長期保存水を買いたいという場合には、賞味期限が長いものを選んだ方が良く、その意味ではこの商品が唯一無二となります。

購入先:15年保存水 カムイワッカ麗水

南阿蘇5年保存水

南阿蘇5年保存水の特徴

  • 5年保存が可能なパウチタイプの保存水
  • 300mlと手軽サイズなため、日頃の持ち歩き用、非常用持出袋にもおすすめ
  • ペットボトルよりもゴミが小さくなるため、避難所などでも使いやすくなっています

アルミパウチタイプの保存水で、中身は「普通のミネラルウォーター」です。ペットボトルではなくアルミパウチの袋に充填されているため、そのまま湯煎することができます。飲料に適さないプールや川の水を入手できた際に、その水を湧かして、このパウチを中に入れれば、安全なお湯を得ることができます。赤ちゃんのミルク用などにお湯が必要な場合はこうした保存水もよいでしょう。

また容量が300mlと小さくペットボトルよりもかさばらないため、在宅避難用の備蓄の他、普段から持ち歩く非常用水や、防災リュックへ入れておく用途にも適しています。中身は同じです、パッケージの形状により、使い分けられるとよいでしょう。

購入先:南阿蘇5年保存水

カゴメ 野菜一日これ一本 長期保存用

カゴメ 野菜一日これ一本 長期保存用の特徴

  • 5年6ヶ月保存が可能な野菜ジュース
  • 長期保存用に野菜の組み合わせを変えたり、腐食に強い缶を用いるなどの工夫がある
  • 水分および野菜由来のビタミンなどを補給することが可能です

カゴメの定番野菜ジュースを長期保存可能な形に変えた飲料です。通常タイプよりもトマトから根菜類を増やすことで、長期保存した際の食味の変化などを抑える工夫をしたり、腐食に強いコーティング缶を用いるなど工夫されています。同じビタミン補給の選択肢として上げられる、サプリは水が必要、スープはお湯が必要、しかしこれは野菜ジュースですので、そのまま飲めばよいという手軽さがメリットです。飲料水備蓄の一部を補う効果もあるため、家庭での備蓄の他、企業や学校などの「もう1品」追加対象にも向いています。

購入先:カゴメ 野菜一日これ一本 長期保存用

ワンテーブル LIFESTOCKゼリー

ワンテーブル LIFESTOCKゼリーの特徴

  • 常温で5年保存可能な「ゼリー飲料」
  • ゼリーであるため食べても喉が渇かず、誰にでも飲みやすい
  • かさばらない軽量サイズで、自宅用の他飲料水代わりの持ち歩きにも便利

5年保存が可能な長期保存ゼリー飲料です。カロリーを強化したエナジータイプ「グレープ味」「洋なし味」と、ビタミンを強化したバランスタイプ「アップル&キャロット味」の2ラインナップがあります。エナジータイプは特定原材料7品目不使用、バランスタイプは特定原材料27品目不使用と、アレルギー対応非常食としても活用できるほか、ゼリーであるため誰でも、歯のない乳幼児でも、入れ歯のない高齢者でも食べられます。

喉が渇かない食事であるため、災害直後に食べるものとして、また防災リュックなどに入れておく食事として、また通勤や通学で持ち歩く非常食としてもおすすめです。

購入先:ワンテーブル LIFESTOCKゼリー

アドバンス O.R.S 経口補水塩タブレット

アドバンス O.R.S 経口補水塩タブレットの特徴

  • 賞味期限3年の経口補水液を作れるタブレット
  • 夏の熱中症対策用品として追加しておきたいアイテム
  • 使用しなければ「水」をそのまま別の用途に使えるため便利です

夏の暑さ対策には水分補給が欠かせませんが、「水」だけを飲むと電解質が失われて体調を崩す恐れがあります。そのため食事環境が十分でない非常時については、スポーツドリンクの粉や、塩あめなどを併用することが推奨されていますが、これは電解質を追加できるタブレットです。

溶かす水の量を増減させることで、経口補水液としての利用や、スポーツや復旧活動時の飲料水としての利用など、使い分けることができます。貴重な水を様々な用途に使い回すために、こうしたアイテムがあると便利です。

購入先:アドバンス O.R.S 経口補水塩タブレット

非常食の調達について

調達

ここまでご紹介してきた各種の非常食ですが、防災専用に用いられるもの、アウトドアやキャンプメインで用いられるもの、普段の食事として用いられるもの、様々に存在します。それぞれの調達方法について簡単にご紹介します。

① スーパーやドラッグストアで購入する非常食

電気・ガス・水道が停止し、スーパーやコンビニも休業となる様な状態に自宅で過ごす「在宅避難」を実施する際には、水・食料・日用品の「日常備蓄」が必須となります。冒頭でもご紹介したこの日常備蓄では、文字通り日常から使うものを備蓄しますので、購入する場所は普段利用しているスーパーやドラッグストアなどの量販店となります。

日本の食品加工技術は優れており、安価で美味しく賞味期限も長い食べ物が多数販売されています。インスタント食品、フリーズドライ食品、レトルト食品、缶詰や瓶詰めなど、日頃の食卓に出せる、少し賞味期限の長い食べ物については、最寄りのお店で購入するのが最も安価で調達しやすい方法となります。

② アウトドアやキャンプ用の保存食

近年のアウトドア・キャンプブームを受け、こうしたグッズを取り扱う専門店がショッピングセンターなどへも出店するようになった他、ホームセンターなどでもアウトドア用の保存食などが扱われるようになっています。アウトドア用の保存食などは、持ち運びしやすいように軽く作られていたり、水やお湯を入れるだけで美味しい食事がすぐに食べられたりと、特に避難用の食事に向いていますので、防災リュックを作成する際のチョイスとしておすすめです。

③ 防災用の非常食

防災用に販売されている非常食も、スーパーやドラッグストア、またはホームセンターなどの防災コーナーで販売されていますが、店舗により品揃えにかなり差がありますので、欲しい商品が決まっている場合には、ECショップによる通販を活用するのがおすすめです。

ただし、こうしたネットショップは、3.11や9月の防災の日の前後、また大きな災害の後には品切れになることが多く、再入荷まで時間がかかることもしばしばありますので、早めに欲しい非常食を確保してしまうのがよいでしょう。

災害に備えた非常食は、最低3日分、できれば7日分を準備

備蓄

ところでここまでご紹介した非常食ですが、具体的にどのくらいの量を備蓄すればよいのでしょうか。災害の規模や地震の被災状況によっても必要量は変わってきますが、目安としては「最低3日分」「できれば1週間分」を目安に備蓄を行ってください。

最低3日分は自助のみで過ごす用意を

大地震や大規模な水害が発生した際、テレビやWebのニュース報道では、自衛隊などが被災地の支援を行っている映像がよく見られます。こうした光景を見ると、災害が生じてもすぐに自衛隊や行政の支援を受けられると思いたくなりますが、これは小規模な災害であったか、あるいは災害から数日以上経過した後の光景です。

大規模な災害が発生した際、72時間、3日を過ぎると生存率が急激に下がるというデータもあることから、消防のレスキューや自衛隊は、まず人命救助を最優先で行います。生きのびた方への公助による支援が本格かするのは早くても4日目以降となるため、最初の3日間は自分たちであらゆる物を準備しなければなりません。

これは自宅で在宅避難をする場合も、避難所で被災生活を送る場合も同じです。特に避難所へ移動する際には、屋根と床以外には何ももらえないかもしれない、という認識で、水・食料・日用品の他、寝袋やマットを含む衣食住全てを持ち込むようにしてください。

できれば7日分の非常食を、日常備蓄で準備

さらに近年、首都直下地震をはじめとする大都市圏での大地震や、南海トラフ巨大地震など、被害が極めて甚大かつ被災者が膨大となる災害が発生した際には、3日間の準備では足りなくなる恐れがあることが指摘されるようになりました。支援対象者が多すぎて、救援の人手も物資も足りないということです。

そのため、都市部に住んでいる場合や、南海トラフ巨大地震で津波の被害を受けるエリアに居住している場合などは、より多くの準備が必要となります。そのまま食べられる物を中心とした「非常食」メインの食料を3日分確保し、日常備蓄による追加の食料をさらに4日分確保、1週間自活するための用意が必要となります。

まとめ

各種の非常食をご紹介して参りました。この記事では、主食をメインに、最低限必要な食事について解説をしていますが、近年では非常食の種類が増え、特におかずや副食類はかなり充実しています。日常で食べられる物、アウトドアやキャンプで使えるものなども多数ありますので、ぜひ楽しみながら、色々な非常食を試していただきたいと思います。一度も食べたことのない食事は非常時にも受け付けません、非常食を買ったらぜひ一度試食をしてみて下さい。