非常食、防災グッズセレクトショップのセイショップ

SURVIVAL FOODSサバイバル®フーズについて

サバイバルフーズは、25年間の超長期保存が可能なフリーズドライ加工食品とクラッカーの備蓄食です。

25年保存可能非常食サバイバルフーズイメージ01

サバイバル®フーズは、国内生産で25年保存の「おいしい備蓄食」です。

サバイバルフーズは、永谷園の約50年にわたり蓄積されたフリーズドライ技術と、長期保存食市場を40年以上牽引してきた セイエンタプライズの経験によりつくられた、25年の超・長期保存が可能なクラッカーとフリーズドライ加工食品の備蓄食です。サバイバルフーズこだわりのレシピを、永谷園が原材料を厳選して調達、国内で調理・加工・缶に封入しています。 サバイバルフーズは、味も品質も長期保存性も一切妥協いたしません。

サバイバル®フーズが選ばれる理由。
5つの特徴 9つのメリット

POINT.1【超・長期保存】

3年から5年保存が一般的な非常食の中で、サバイバルフーズは25年間の超・長期保存が可能です。常識を超えた長期保存が出来るその秘密は、高度なフリーズドライ加工で水分だけを極限まで(最大98%)除去している事と、脱酸素剤によって缶内の酸素を取り除き、確実な方法により缶を密封していることです。これにより、常温で正しく保管いただければ25年の超・長期保存が可能なのです。

25年の保存により、一般の非常食に比べて買替の頻度が減らせることが大きなメリットです。例えば、サバイバルフーズのクラッカー(大缶)の10食相当分の小売価格は4,000円で25年間の保存が可能です(1食あたり400円)。一般的非常食の1食あたりの標準的な小売価格を300円と考えても5年保存ですから、25年間の保管を考えれば、買替回数5回×300円×10食で15,000円かかりますので、サバイバルフーズの3倍以上です。

また、トータルコストの事だけでなく、交換の頻度が多くなれば、その分交換をする手間も増える事になります。忙しい防災担当者であれば、少しでも手間は減らしたい所です。

一般的な非常食との保存期間とコストの比較

メリット1 : トータルの購入コストが割安(1/3~1/2に)になります

メリット2 : 防災担当者の更新の手間を減らせます

さらに、25年保存の最大のメリットは時間です。賞味期限が長い事で計画的に備蓄が増やせるのです。例えば、5年保存の非常食は5年毎に交換が必要になるため、毎年100食ずつを買い増していた場合、5年以降は500食以上の備蓄はできません。25年保存であれば、交換は25年後なので、2500食の備蓄が可能となり、5倍に備蓄が増やせるのです。

25年目には備蓄量に大きな差が出ます

メリット3 : 計画的に備蓄が増やせます(5倍に) 25年目には、備蓄量に大きな差が出ます!

POINT.2:【おいしい】


おいしい食事は、災害時にあなたの心身の健康を守ります

一度調理した料理をマイナス30度で凍結、そのまま乾燥加工、色も味も香りも栄養バランスも閉じ込めて水分だけを取り除きました。だから調理した時のおいしさはそのままです。

サバイバルフーズは、災害時にも普段と変わりのないおいしい食事をお届けします。それは災害時と言う非常時に、あなたと家族をほっとさせる瞬間であり、もちろん、疲れた身体にバランスよくエネルギーを補給することでもあります。

メリット4 : おいしい食事は、災害時にあなたの心身の健康を守ります

メリット5 : 栄養バランスの良い食事が取れます

POINT.3【簡単調理】

お湯を注いで5分、水でも10分で本格的なシチューや雑炊が出来上がります。

発災後にはまずは人命救助、そして瓦礫の撤去や片づけなど、しなければいけない事(復旧作業)が沢山あります。忙しい災害時の食事には、誰もがおいしく調理できる簡単さと、少しでも調理時間を短くできることが望まれます。

簡単調理

❶付属の缶切りで開封し、脱酸素材を取り出してください。
❷缶の中身をなべにあけ、水を注ぎます。
❸中火で加熱し、5分蒸らしてできあがり。

メリット6 : 調理時間が短縮できます

メリット7 : 誰でも簡単に作れます

POINT.4【国内製造】

原材料を厳選して調達後、国内で製造・加工・包装までの全てを行うため、お客様の手元まで安定的に製品のお届けが可能となります。
サバイバルフーズは、発注から納品までの全ての工程において、常に品質・納期の安定を考えています。

メイド・イン・ジャパンで安定供給

メリット8 : メイド・イン・ジャパンで安定供給

POINT.5【徹底した品質管理】

供給元の永谷園では、食の安全・安心への取り組みとして、独自の品質保証システム(NAFSAS)を導入し、全てのサバイバル®フーズの品質を保証しています。

永谷園のNAFSASについて

永谷園

メリット9 : 安心の品質



保管スペースについて

気になるのが備蓄スペースの問題。いざという時に大事な 備蓄食でも、日ごろ大幅にスペースをとるのは困りもの。

サバイバルフーズならば、現行の軽自動車の規格寸法(全長3.4m、全幅1.48m) となる約5.0㎡(平方メートル)のスペースに、大缶(1号缶)ファミリーセットで300ケース(5×6×10段)を保管することができます。300ケースとは、缶数で大缶(1号缶)が1,800缶となり、 食数でいうならば1万8,000食相当の備蓄にあたります。

保存性、おいしさに加え、省コスト、保管スペースの面からも、一切の妥協を許さないのがサバイバルフーズ。いざという時に大切な人を守る、本物の備蓄食です。

保管スペースについて

企業、自治体、病院福祉施設など、まとめ買いならファミリーセット

25年保存可能非常食サバイバルフーズファミリーセット
page top